福岡市博多区の眼科診療・コンタクトはさわさき眼科へご相談ください。

福岡市博多区さわさき眼科

福岡市博多区月隈2丁目3-8
電話番号:092-503-8888


目の病気

加齢黄斑変性症

加齢横班性症とは

主に高齢者(60歳以上)の失明原因となる重要な病気の一つで、健診でこの病気が早期に発見されることもあります。
今まではあまり有効な治療法はありませんでしたが、近年、新しい方法が試みられるようになり、早期発見・早期治療によって視力低下を最小限に抑えられる可能性が期待できるようになってきました。
視力低下やもののゆがみなどを感じたら、すぐに検査を受けることをおすすめします。


症状

初期症状としては、ものがゆがんで見える変視症や左右の眼でものの大きさが違って見えるなどの症状を自覚する場合が多いのですが、新生血管が破裂して黄斑に出血を起こすと、突然の視力低下、特に中心が見えにくいという症状が出現します。


ワンポイントアドバイス

高齢者と喫煙者に多いことが報告されています。
高齢で喫煙をされている方は、特に注意し、定期的な検診をおすすめします。

 


Copyright (C) 2007 Sawasaki-ganka. All Rights Reserved. 福岡市のホームページ制作会社TPC