福岡市博多区の眼科診療・コンタクトはさわさき眼科へご相談ください。

福岡市博多区さわさき眼科

福岡市博多区月隈2丁目3-8
電話番号:092-503-8888


目の病気

緑内障

緑内障とは

緑内障は早期発見が決め手です。
日本における失明原因の上位を占める「緑内障」ですが、気付かずに過ごしている人が大勢いることが判明しています。
40歳以上では、20人に一人が緑内障と言われています(日本緑内障学会)が、大半は未治療です。

緑内障は、治療によってその進行を防止したり、遅らせたりすることができる可能性のある病気です。
早期に緑内障を発見でき、視神経の障害が軽いうちに手を打つことができれば、失明に至る危険性はぐっと少なくなります。

治療方法としては、薬物療法、レーザー治療、手術がありますが、緑内障のタイプやそれぞれの人に適した治療方針を決定してゆくことがとても重要です。
最近の緑内障の診断と治療の進歩は目覚しく、以前のような「緑内障=失明」という概念は古くなりつつあります。
極めて難治性の緑内障もありますが、早期発見・早期治療によって、失明という危険性を少しでも減らすことができる病気のひとつです。


症状

見える範囲(視野)が狭くなる症状が最も一般的ですが、初期は自覚しないことがほとんどです。
病気の進行は緩やかなので、多くの場合はかなり進行するまで症状に気付かないこともあります。
視野障害が進行した場合、視力が低下したり、場合によっては失明することさえありえます。
また、急激に眼圧が上昇し、眼痛・充血・目のかすみのほか、頭痛や吐き気を催すことがあります。


ワンポイントアドバイス

「自覚症状がほとんどない緑内障」には、早期発見が失明を防ぐ一番の方法です。
定期的な眼科の検診をおすすめします。

 


Copyright (C) 2007 Sawasaki-ganka. All Rights Reserved. 福岡市のホームページ制作会社TPC