福岡市博多区の眼科診療・コンタクトはさわさき眼科へご相談ください。

福岡市博多区さわさき眼科

福岡市博多区月隈2丁目3-8
電話番号:092-503-8888


目の病気

網膜剥離

網膜剥離とは

網膜剥離は治療せずに放置した場合、失明する可能性の高い病気です。
どの年齢でも網膜剥離になる可能性がありますが、20歳代と50歳代の人に多いといわれています。

網膜剥離の治療の中心は手術療法です。手術により、最終的には約95%の確率で網膜を元の位置に戻してやること(網膜復位)が可能です。


症状

網膜剥離の前駆症状として飛蚊症(小さなゴミのようなものが見える症状)や光視症(視界の中に閃光のようなものが見える症状)を自覚することがありますが、無症状のこともあります。

病状が進んでくると視野欠損(カーテンをかぶせられたように見えにくくなる症状や視力低下が起きます。網膜には痛覚がないので、痛みはありません。


ワンポイントアドバイス

■強度近視の方
眼球の長さが通常よりも長く、網膜と硝子体の病的な癒着があることが多く、若年でも網膜の萎縮による裂孔が起きやすい

■白内障の手術を受けた方
水晶体を摘出したことで硝子体が眼球の前方に移動し、後部硝子体剥離が起きやすくなります。
白内障以外の眼内手術でも、眼の中に炎症が生じ、硝子体の変化を誘発することがあります。

■糖尿病網膜症の方
糖尿病網膜症の場合、出血しやすい新生血管と呼ばれる出血しやすい血管が作られ、出血すると網膜にかさぶたのような膜ができます。
この膜が収縮して網膜を引っ張ると網膜が剥離します。(牽引性網膜剥離)

■強い衝撃等を受けてしまった方
眼球を強く打った衝撃で網膜が剥離します。(外傷性網膜剥離)

■遺伝の可能性
ご家族内に網膜はく離の方がいらっしゃる場合、かかる可能性は高まりやすいようです。

■アトピー性皮膚炎の方
最近では、アトピーの方に多く発症の報告があります。

上記に当てはまる方は至急かかりつけ・お近くの眼科を受診してください。

 


Copyright (C) 2007 Sawasaki-ganka. All Rights Reserved. 福岡市のホームページ制作会社TPC