福岡市博多区の眼科診療・コンタクトはさわさき眼科へご相談ください。

福岡市博多区さわさき眼科

福岡市博多区月隈2丁目3-8
電話番号:092-503-8888


目の病気

弱視

弱視とは

弱視には、生まれつき、体質的あるいは原因不明の先天性弱視、生後あるいはある程度大きくなって事故や他の疾患によって視力低下を引き起こす二次性・後天性の弱視があります。
また、眼球の動きやピント調節に関わる筋肉や首の周囲の筋肉の異常緊張があると視力の低下を起こすこともあります。

とくに生活習慣や心理的ストレスによる緊張である場合は、治療や訓練になってかなり改善されることもあります。


症状

視力の低下がみられ、それ以外の症状はふつうはありません。
極端に悪い場合は、眼鏡やコンタクトレンズを用いても視力が0.0いくつということもあって、行動に支障をきたしてしまいます。

赤ん坊の場合、外見的な眼球の異常がないにも関わらず、生まれてからもう何日もたっているのに目の前のものに反応を示さない様子がみられたら、弱視を疑う必要があります。


ワンポイントアドバイス

けがで眼帯をかける、頭部に包帯を巻くなどの場合、視力の発達に影響をおよばさないよう、十分注意しなくてはなりません。
その期間と予後は、眼科医と相談し、定期的な検査が必要となります。

 


Copyright (C) 2007 Sawasaki-ganka. All Rights Reserved. 福岡市のホームページ制作会社TPC