福岡市博多区の眼科診療・コンタクトはさわさき眼科へご相談ください。

福岡市博多区さわさき眼科

福岡市博多区月隈2丁目3-8
電話番号:092-503-8888


目の病気

飛蚊症

飛蚊症とは

糸くずや黒いものが見える、いわゆる飛蚊症は、主に加齢(老化)に伴う現象ですが、目を酷使している現代人の目の老化の低年齢化が早まる事に比例し、飛蚊症の発症も早まり、年齢が若くても自覚することがあります。
まれに網膜剥離の原因となる網膜裂孔などを引き起こしていることもあります。
黒いものが飛んで見えるといった飛蚊症があったら、必ず眼科専門医の検査を受けることが必要です。

初回、もしくは、次回に瞳を開く目薬を入れて眼底の検査をしますので、その日は車の運転ができません。
通院は、初回の眼科検査、次回の眼底検査で、問題がなければ、変化があった時でも構わないでしょう。
近視が強い方、暗いところでも光が見えるような方は、定期的な通院をおすすめします。  


症状

黒い点や虫のようなもの、または薄い雲のようなものが視野の中に見えたことはないでしょうか。
視線を動かしたとき、それが一緒に移動するように感じることもあります。


ワンポイントアドバイス

■眼精疲労を蓄積させない
パソコンの使用などで眼精疲労が蓄積され、目を休ませなければ視力低下を招き更に目の健康状態は悪化します。
しっかり睡眠をとり、意識して目を休める習慣をつけましょう。

■栄養バランスの良い食事を取る
目を休ませる事と同時に、目の健康維持に必要な栄養成分をしっかり食事から摂りましょう。
老化防止の一番大切な事は、なんといっても栄養バランスの食事です。
特に緑黄色野菜の摂取、ビタミン群は目の老化防止には必須の栄養素です。
毎日の食事から必要量を摂取できない場合は、サプリメントでの摂取をお薦めします。

■目の老化を防ぐ
飛蚊症の大きな原因が「目の老化」です。
特に、目の老化の発生原因となる、紫外線・喫煙を極力避けることが予防につながります。

 


Copyright (C) 2007 Sawasaki-ganka. All Rights Reserved. 福岡市のホームページ制作会社TPC