福岡市博多区の眼科診療・コンタクトはさわさき眼科へご相談ください。

福岡市博多区さわさき眼科

福岡市博多区月隈2丁目3-8
電話番号:092-503-8888


目の病気

結膜炎・流行性結膜炎

結膜炎・流行性結膜炎とは

結膜に炎症が起きて出血し、目やにが出るものを総称して結膜炎といいます。
原因は、細菌やウイルスによるもの、異物、酸、アルカリ、アレルギーによるものなどです。

結膜炎には大きく分けて、急性のもの(流行性結膜炎、咽頭結膜炎、出血性結膜炎、トラコーマ)と慢性のもの(濾胞性結膜炎、春季カタル)とがあります。
強い伝染力を持つウイルスが原因となる流行性結膜炎は、一般の結膜炎と比べ症状が非常に強く、角膜にも炎症が及んで視力障害を引き起こします。

目にくる花粉症にアレルギー性結膜炎があります。痒みが中心で、瞼の荒れは少ないのが特徴です。

素人判断は非常に危険ですから、受診して適切な治療とアドバイスを受けてください。


症状

結膜が充血しているから結膜炎とは限りませんが、充血があれば結膜炎の可能性があります。
症状は多彩であり、例えば、めやに、流涙感、痛み、異物感、違和感、かゆみ、まぶたの腫れや赤み、目が開きづらい、かすみ目、コンタクトレンズが急に汚れる・曇る・ずれ上がるなどがあります。
時に、自覚症状に乏しく、検査時にたまたま診断されることもあります。


ワンポイントアドバイス

この病気に対しては予防がもっとも重要で、かかった人は目にさわらないようにし、他の人とタオルや洗面器などを別にしましょう。

■ウイルスや細菌がついた手で目をさわることで感染することが多いので、手を洗うことが重要です。
手洗いは水道の流水で石鹸を付けて十分に洗ってください。洗面器に入れた消毒液で洗うのはなるべく避けましょう。

■眼をカップで洗う洗眼液は皮膚周囲の汚れ、雑菌が眼に入ってしまい長期的にみたときに悪化するので使わないでください。

 


Copyright (C) 2007 Sawasaki-ganka. All Rights Reserved. 福岡市のホームページ制作会社TPC